1. HOME
  2. イベント&講座
  3. イベント
  4. 令和6年 能登半島地震 災害支援 チャリティ映画上映会(オンライン)のお知らせ

令和6年 能登半島地震 災害支援
チャリティ映画上映会(オンライン)のお知らせ

『一献の系譜』解説:映画.comより
石川県能登半島で古来より日本酒を造り続けてきた技能集団「能登杜氏」にスポットを当てたドキュメンタリー。現在の吟醸酒の礎を築いた「能登杜氏四天王」と呼ばれる4人の有名杜氏をはじめ、彼ら全員を師とあおぐ現役トップの坂口幸夫杜氏と家修杜氏、その下に続く若手杜氏たちを取材。家族と離れ、蔵全体の運命を左右するほどの重大な責任を背負わされながらも、理想の一献を目指して目に見えない菌と闘い続ける杜氏たちの姿を映し出していく。監督は「ひとにぎりの塩」で同じく能登半島で塩づくりに励む人々をとらえた石井かほり。
篠原ともえがナレーションを務めた。2015年製作/103分/G/日本
配給:グリクリエイツ株式会社
劇場公開日:2015年9月26日

【開催概要】
オンライン上映日:
第1回   1月12日(金)~14日(日)
第2回   1月19日(金)~21日(日)
第3回   1月26日(金)~28日(日)

いずれかの回にお申し込み頂き、参加費をお振込み頂くと、開催日の初日の午前10時までに、お申し込み頂いたメルアドに映画をご覧頂けるURLのリンクを送ります。3日間の期間中、ご都合のよい時間にお楽しみください。
各回の申し込み締め切りは、前日の21:00までとなります。

【お申し込み方法】
以下のフォームから必要事項をご記入のうえ、開催日の前日までに銀行振り 込みで参加費をお支払いください。参加費のお振込みが確認でき次第、オンライン上映鑑賞のURLをお送りします。
https://forms.gle/
zJkdwRWZgD6hLBfy7

お申し込み方法

【参加費とお振込み先】
ひとり5,000円 (振込手数料は、お申し込み人様にてお願い致します。)
お振り込み口座は、以下となります。
PayPay銀行 普通口座 カ)サイショクケンビ 口座番号4230542
店番号(支店コード)005 支店名 ビジネス営業部

 

【参加費は全額下記の団体へ寄付をします】
公益財団法人 ほくりく未来基金

 

 

事務局運営費などは、弊社が協力させて頂きますので、皆様に振り込んで頂きました金額は、そのまま<ほくりく未来基金>様へ振り込み、ご参加頂いた皆様には、後日振込証明書を送ります。

≪2月にリアル交流会を開催します≫
今回のオンライン上映会にご参加頂いた皆様を中心に、2月にリアルの交流会を予定しています。詳細は、追ってご連絡致します。

『ひとにぎりの塩』解説:映画.comより
石川県能登半島の最北端・珠洲(すず)で日本最古の「揚げ浜式」と呼ばれる塩づくりに勤しむ職人たちの姿を追ったドキュメンタリー。海水を汲み上げて砂にまき、天日と風で乾燥させて釜で煮詰める原始的な揚げ浜式の塩づくりを続ける職人たちの塩にかける思いや、雄大な日本海と美しい里山に囲まれた人々の営みを季節の移ろいとともに追いかけ、ものづくりの意味や大切さを見つめ直していく。
2011年製作/85分/日本
配給:グリクリエイツ株式会社
劇場公開日:2011年11月12日

【2作品の監督石井かほりさんからのメッセージ】
能登半島を舞台に、自然と共にある暮らしぶりを描いたドキュメンタリー映画『ひとにぎりの塩』と能登杜氏の技と想いを伝えたドキュメンタリー映画『一献の系譜』を監督した石井かほりです。

私は30代の十年間をこの二作に費やしました。ふるさとを持たず、都会しか知らなかった私の人生観を一変させ、根を下ろした生き方を学べたのは、本作に協力くださった能登の方々がいたからです。
今回の震災を受け、このニ作品の上映権を多くの方が利用しやすい形で提供することに決めました。
正直、映像作家にとっては苦渋の決断です。しかし、自主上映を開催いただき、支援の一助につなげていただきたく決断致しました。どんな小さな規模でも自分たちができる形で開催いただき、「復興活動を絶やさず息の長いものとしていきたい」と考えています。みんなで応援し合い、必ずこの映画で記録したような世界を取り戻す!!そんな思いでこの映画を、ひとりでも多くの方々にご覧になって頂きたいと思っています。

【チャリティ上映会実施へ向けて】
『一献の系譜』が公開され劇場ではじめて鑑賞した時、國酒という日本の伝統酒は、一日にして成らず、という至極あたりまえのことを、自分の身体が深い部分でズシンと受け止めたという身体感覚を今もよく覚えています。
どんな分野であれその道を極めていく職人たちの真の姿というのは、一般には、なかなか触れる機会がありません。
石井さんは、真正面からその職人たちのものづくりの世界へ入っていき、酒を飲み、塩を使った料理を日々口にするひとりの生活者の視点をもって、その職人たちの真の姿を描いてくれた、そんな自分勝手な共感を抱き、現在に至ります。今回の震災が起きたすぐそのあとに、石井さんが発信されたチャリティ上映会開催へ向けた思いに賛同し、日本酒文化と地域の食文化の発信活動に関わっている者のひとりとして、手を挙げさせて頂きました。
皆さんと共に、この能登で受け継がれてきたものづくりの系譜の継承と、そこに生きる人たちの今とこれからを、微力ながら応援していきたいと思います。
皆様のご参加をどうぞ、よろしくお願いいたします。

株式会社彩食絢美
代表取締役社長
手島 麻記子

 

 

◆本件に関するお問い合わせ等は、
info@saishokukenbi.com
までメールにてお願いします。

 

| イベント

今後のイベント&講座はございません。